「MAX台設置しておいて大丈夫なんですか?」
とのご質問をダイレクトPOSTにて頂きました。
結論から申し上げますと現時点では大丈夫です。

パチンコ撤去問題は昨年に遡りますが、振り返りますと以下の流れです。


日工組が「遊技くぎの変更により性能が異なる可能性のある型式遊技機」の
回収リストを関係団体へ送付。

回収対象遊技機リストが以下の期日で発表。

・H28.2.10 第一次回収リスト
2013年検定取得のMAXタイプ中心台 28型式48,863台

・H28.3.1 第二次回収リスト    
2013年検定取得の大当り確率1/320以下の台 17型式88,104台

・H28.6.23 第三次回収リスト
2014、2015年検定取得の台 93型式589,510台
⇒これは度肝を抜かれる台数でしたね。

合計138型式 726,477台がH28.12.31までに撤去されました。
尚、ルールを無視して設置している店舗にはペナルティが課せられています。


これにより殆んどのMAX機が回収、撤去されましたが全てではありません。


当店には、現在も

・CR北斗の拳剛掌HVJA(1/399)2台 (4店舗)
※()内P-world埼玉県設置店舗数
・CR牙狼XX(1/397)1台 (10店舗)
・CR新世紀エヴァンゲリオン奇跡の価値はSF(1/397)1台 (当店のみ)
・CR大海物語スペシャルMFG(1/369)1台 (4店舗)
・CR大海物語2MTE(1/348)2台 (110店舗)
・CRスーパー海物語IN沖縄2MTMS(1/359)1台 (39店舗)
・CRスーパー海物語IN沖縄2MSNS(1/398)1台 (12店舗)

の7機種9台が現役稼働中です。



ここに疑問を持たれたと思いますが、設置可能の理由は、

回収対象遊技機リストに載っていない遊技機である点。
そしてもう1つは、全日遊連がH27.6.24に臨時全国理事会でMAX機の
減台数値目標を決議した下記の数値をクリアーしているからです。

●新基準に該当しないパチンコ機
平成28年12月1日までに設置台数の30%以下
平成29年12月1日までに設置台数の20%以下
※新基準に該当しないパチンコ機は、大当り下限値1/400のMAXタイプ等


当店設置パチンコ238台中、新基準の大当り下限値1/320を下回る台は
先程の9台ですので設置比率3.78%です。


実は置いてはいけないMAX機をこっそり置いて営業しているのか?と
疑問を持たれていた方もおられるかもしれませんがご安心下さい。


紹介した9台、中にはデビュー10年を迎える機種もあり、
動く限りは今後も大切に使わせていただきたいと思います。


今回ダイレクトPOSTにコメントを下さったお客様、説明の機会を頂き
有難うございました。