中古機相場ドットコムの「パチンコ価格ランキング100」を
見てみますと明らかに甘デジのランクインが以前より増えている様に思えます。

※確率1/99以下を甘の分類にしてちょいぱちも含めています。
0810時点の中古機相場
100機種中、甘デジが占めるのは44機種。うち8/10時点で前日差額が
プラスになっているのは15機種。
お盆商戦は少し前に終わり、今は相場が落ち着いている状況と言える中で
TOP100入り増しや上昇を見せているのは、
やはり以下の改正予定が大きく影響を与えているのでしょう。

パチンコは大当り1回で獲得できる最大出玉数を現行の払い出し2,400個(9,600円相当)から払い出し1,500個(6,000円相当)へと抑制。これに伴い大当りラウンド数も現行の最大16ラウンドから最大10ラウンドに引き下げた。 

甘デジはこの観点から安心株と見ている方が多いです。

私は個人的に打ちに行くと甘デジは殆んど打たず、ライトミドル以上に座ります。
甘デジが良いからとそればかり増やしていては、甘以外のユーザー様を失い兼ねませんので
そこは慎重に考えております。

台の選定に於いては株もそうですが、人と同じ方向に動いても流れに飲まれてしまう為、
今後稀少になっていく現行のミドルクラスが重宝すると予想しています。
但し、検定が切れて認定も取れなくなったみなし機と呼ばれる台の行く末次第ですので・・・安全株はやっぱり甘デジと言う事ですかね。


現在ファンタの甘デジ比率は、パチンコ全223台中100台となっており44.8%です。
偶然にもランキング100入りと同じ割合です。

市場の機種数と分母が違いすぎますが、1つの指標として参考にしておきます。


次回の新装開店の台は既に発注済みですが、
ミドルとライトミドル機種を導入予定です。
甘デジ・・・値段がお高いですね。